2020年最新のGLP-1ダイエット!安全性や効果を検証した結果は?

GLP-1ダイエットは、クリニックで医師からアドバイスやサポートを受けながらできる最新の減量法。

しかし、「やってみたい!」と思う反面、

  • GLP-1薬って安全なの?
  • GLP-1ダイエットって本当に痩せられる?
  • GLP-1ダイエットで効率的に減量できるコツはある?

といった疑問をお持ちの人も多いのではないでしょうか。

GLP-1ダイエットは新しい減量法ですが、すでにダイエットに成功している人の実績も多いんです。

そこで当記事では、

  • GLP-1ダイエットを実践した体験者の口コミ
  • GLP-1ダイエットの安全性や効果
  • 痩せるホルモン治療の効果アップ3つの秘訣

などを徹底解説します。

GLP-1ダイエットが気になるけど、安全性や効果が気になる…という人はぜひ参考にしてみてください。

GLP-1ダイエット実践者の口コミ体験談

GLP-1ダイエット実践者の口コミ体験談

GLP-1ダイエットって本当に痩せるの?と疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。

そこで当項目では、実際にGLP-1ダイエットを実践した3人の口コミを紹介します。

そういえば、久々にすれ違った同僚から「痩せた!?」と声かけられた!

やっぱり4kg程痩せると違って見えるのかな??

でも、褒められるとモチベ上がるわ~

引用:GLP-1ダイエットに4ヵ月チャレンジするブログ

こちらの女性は、GLP-1ダイエット27日目で4kgの減量に成功。

会社の同僚や身近な人から「痩せた?」と気づいてもらえると、とてもうれしいですよね。

まわりの人の褒め言葉はダイエット中のモチベーション維持にも効果的です。

こちらはGLP-1ダイエットに挑戦しているアラフィフ女性の減量記録。

開始1ヶ月で4kgの減量に成功しているとのことで、とても順調なペースです。

さらに、たまにプールで泳いだりなど健康的に痩せる努力もされています。

GLP-1ダイエット中にハードな運動は必要ありません。

しかし、適度な運動をすると痩せやすくなったり便秘やむくみ予防にもなるのでさらに効果的です。

こちらの女性はGLP-1ダイエット開始107日で6kgの減量に成功。

これまでいろいろな減量法を試してこられたようですが、GLP-1ダイエットを「最後のダイエット」と決めて再出発し、目標の60kgを目指しています。

GLP-1ダイエットはこれまで挫折してきた人も減量に成功しやすいのが特徴。

そのため、「これが人生最後のダイエット」と決心して始める人も多いんです。

さらに、こちらの女性はGLP-1注射を打ってみた感想の口コミも投稿されています。

「GLP-1薬を投与するときの注射がこわい・・・」と感じる人も多いですが、GLP-1ダイエットで使用する注射針は髪の毛のような細さの短い注射針。

そのため、痛みがほとんどなく負担が少ないのもうれしいポイントなんです。

GLP-1ダイエットの安全性や効果を徹底検証!

GLP-1ダイエットの安全性や効果を徹底検証!

「GLP-1ダイエットで痩せている人は多いみたいだけど、安全に減量できるの?」と不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで当項目では、GLP-1ダイエットの安全性や効果について徹底検証していきます。

GLP-1の特徴は以下のとおり。

  • 糖尿病薬として厚生労働省が認可
  • 論文で減量効果が証明されている
  • アメリカでは肥満治療として承認済み
  • GLP-1はもともと体にあるホルモン
  • 低血糖になる心配は少ない
  • 東京GLPクリニックでは5.5トン減の実績

順にくわしく解説していきます。

糖尿病薬として厚生労働省が認可

GLP-1薬の代表「ビクトーザ」は、日本国内で2010年1月に厚生労働省に糖尿病治療薬として認可されています。

また、新薬「オゼンピック」も2020年3月に国内で糖尿病治療薬として承認されています。

そのほか米国食品医薬品局やカナダ保健省、欧州委員会でも糖尿病治療薬として安全性が認められているのです。

このように、GLP-1ダイエットで使用する薬は国内外で安全性が承認されているので安心して使用できます。

論文で減量効果が証明されている

GLP-1ダイエットで使用する薬は、国内外の多くの論文で実際に減量効果が証明されています。

以下の試験では「リラグルチド」(商品名:ビクトーザ)の減量効果についての検証が行われました。

<方法>

以下の3,731人を対象とし、56週間に渡って「リラグルチド」もしくは「プラセボ(効果のない偽薬)」を投与。

  • 2型糖尿病でないBMI30以上の患者
  • 脂質異常症または高血圧を有するBMI27以上の患者

その後以下の3点を検証。

  1. 体重の変化
  2. ベースラインの体重から5%以上減少した患者の割合
  3. ベースラインの体重から10%以上減少した患者の割合

<結果>

ベースラインの時点で,患者の平均(±SD)年齢は 45.1±12.0 歳,平均体重は 106.2±21.4 kg,平均 BMI は 38.3±6.4 であり,患者全体の 78.5%が女性で,61.2%が前糖尿病状態であった.56 週の時点で,リラグルチド群では体重が平均 8.4±7.3 kg 減少し,プラセボ群では平均 2.8±6.5 kg 減少していた(差 -5.6 kg,95%信頼区間 -6.0~-5.1,P<0.001,最終観察繰越し外挿法による).体重が 5%以上減少した患者の割合は,リラグルチド群 63.2%に対してプラセボ群 27.1%であり(P<0.001),体重が 10%超減少した患者の割合はそれぞれ 33.1%,10.6%であった(P<0.001)

引用:The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

上記の試験結果をまとめると、以下のとおり。

【体重変化】

  • リラグルチド群:平均 8.4±7.3 kg 減少
  • プラセボ群:平均 2.8±6.5 kg 減少

【ベースラインの体重から5%以上減少した患者の割合】

  • リラグルチド群:63.2%
  • プラセボ群:27.1%

【ベースラインの体重から10%以上減少した患者の割合】

  • リラグルチド群:33.1%
  • プラセボ群:10.6%

このように、すべての検証項目においてリラグルチド(商品名:ビクトーザ)はプラセボ(効果のない偽薬)より体重減少効果が高いことが証明されています。

アメリカでは肥満治療として承認済み

GLP-1ダイエットで使用する「ビクトーザ」や「サクセンダ」は、アメリカで肥満治療薬として承認されています。

そのほか、世界各国での承認状況は以下のとおり。

【ビクトーザ】

  • 2014年にアメリカ・ヨーロッパで肥満治療薬として承認済

【サクセンダ】

  • 2014年12月にFDA(米国食品医薬品局)に肥満治療薬として承認済
  • EMA(ヨーロッパ医薬品庁)やMFDS(韓国食品医薬品安全処)でも肥満治療薬として承認済

以上のように、GLP-1薬は海外で肥満治療薬として正式に承認され、減量効果や安全性が証明されているのです。

もともと体にあるホルモン

GLP-1はもともと人間が体の中に持っているホルモンなので、副作用が少ないのが特徴です。

中には副作用を感じない人もいますが、薬への感受性が高い人は治療初期に以下のような症状を感じることがあります。

【GLP-1薬であらわれることがある副作用の例】

  • 吐き気
  • 下痢
  • 胃部不快感
  • 便秘
GLP-1薬は胃に働きかける作用があるので、副作用は上記のような消化器に関する症状がほとんどです。
ただ、GLP-1薬を投与することで起こる副作用の症状は薬の効きすぎが原因ともいえます。
GLP-1薬が強く作用することで胃のぜん動運動を抑える効果が大きくなり、体が異変を感じて吐き気などの副作用が出てしまうのです。
しかし、このような副作用の症状が出てもほとんどの場合は時間の経過とともに自然におさまります。
また、GLP-1ダイエット中は薬の効果で食事の量が減ることにより便の量も減るので、便秘になることも。
そんなときは以下を意識すると便秘が解消されやすくなるのでおすすめです。
【食べ物で便秘を改善する方法】
  • 消化に時間がかかる肉類の食べすぎを控える→腸内の悪玉菌が増えにくくなり腸内環境が整う
  • 納豆やりんごに含まれる不溶性食物繊維を摂る→便のかさが増えて腸が刺激されて腸のぜん動運動が活発になる
  • 大豆やこんにゃく、海藻類を摂る→腸内で便に水分を含ませて便を柔らかくし、排便を促す働きがある
  • 乳酸菌を含むヨーグルトを摂る→腸内環境を整える効果がある

さらに、簡単にできる便秘解消の腸マッサージを紹介している動画もありますのでぜひ参考にしてみてください。

GLP-1ダイエット中に副作用があらわれたときのために、しっかりサポートがある信頼できるクリニックを選んでおけばすぐに相談できて安心です。
東京GLPクリニックでは患者一人ひとりの減量をしっかりとサポートできるように専用のアプリを独自に開発。
アプリ内のチャット機能を利用すれば、副作用が出たときもすぐに医師に何度でも無料で相談できるので安心です。

低血糖になる心配は少ない

GLP-1薬は血糖値を下げる働きがありますが、SU薬やインスリンと一緒に使用しない限り低血糖になる心配はほとんどありません。

(※SU薬…インスリンの分泌を増やして血糖値を下げる薬)

GLP-1受容体作動薬は空腹時には働かず、食事をとって血糖値が高くなったときに働くため、低血糖を起こしにくいといわれています。ただし、SU薬やインスリンと一緒に使う場合は低血糖への注意が必要です。

引用:知りたい!糖尿病

【低血糖とは】

低血糖とは血糖値が正常範囲以下にまで下がった状態のこと。あらわれる症状としては、以下のとおり。
  • 冷や汗
  • 動悸
  • 意識障害
  • けいれん
  • 手足の震え

食事をして胃の中に食べ物が入ってくると、GLP-1薬がすい臓に働きかけて「インスリンを出して!」と呼びかけて分泌を促し、血糖値を下げます。

ただ、血糖値が高くないときにはGLP-1が働かない仕組みになっているので、インスリンも分泌されず低血糖は起こしにくくなっているのです。

このように、GLP-1薬は低血糖を起こしにくくなっていますが、必ず医師の処方通り投与してください。

そして、GLP-1ダイエット中に少しでも体調の変化が気になったらすぐに医師に相談することが大切です。

東京GLPクリニックでは5.5トン減の実績

「GLP-1の論文や研究結果はわかったけど、私でも本当に痩せられる?」

と疑問をいだいていませんか?

東京GLPクリニックでのダイエットでは、これまで合計5.5トンの減量に成功しています。

ほかにも、東京GLPクリニックでモニターの男女6名にダイエットを実践してもらった結果、平均10kgの減量に成功。

  • 20代会社員女性:2ヶ月で73.2kg→67kg(6.2kgの減量成功)
  • 40代会社員女性:1ヶ月で77.5kg→70.8kg(6.7kgの減量成功)
  • 30代会社員男性:2週間で86.0kg→81.8kg(4.2kgの減量成功)
  • 30代会社員男性:1ヶ月半で91.1kg→79.7kg(11.3kgの減量成功)
  • 30代会社員男性:1ヶ月で154.4kg→139.3kg(15.1kgの減量成功)
  • 30代会社員男性:3ヶ月で75.9kg→59.4kg(16.5kgの減量成功)

参考:東京GLPクリニック

今までさまざまなダイエットに挑戦し失敗した人でも、当クリニックで痩せられた実績があります。

その大きな理由は、カウンセリング時にあなたの体質や目標、ダイエット歴に合わせて一人ひとりのダイエットプランを提案するので効率的だからです。

したがって、GLP-1ダイエットは今までの減量がうまくいかなかった人やリバウンドした人にもおすすめします。

ただ効果的にGLP-1ダイエットをするためには、しっかりと減量実績があるクリニックを選ぶことが大切です。

個人でGLP-1薬を入手し使用するのは危険!

個人でGLP-1薬を入手し使用するのは危険!

「GLP-1薬を投与するだけなら、クリニックに行かなくても自分で薬を個人輸入したら安くすむのでは?」

と考える人もいるのではないでしょうか。

しかし、一般の人がGLP-1薬を輸入して使用するのは大変危険で、命に関わることもありますので絶対にやめてください。

GLP-1ダイエットは専門のクリニックで医師からあなたに適切な薬を処方してもらい治療を受けるのが唯一安全な方法です。

インターネットなどを利用して医薬品を個人輸入すると、国内で正規に流通している医薬品に比べて次のような保健衛生上の危険性があります。

【安全性や有用性の保証がない】

日本国内で正規に流通している医薬品、化粧品や医療機器などは、医薬品医療機器等法に基づいて品質、有効性及び安全性の確認がなされていますが、個人輸入される外国製品にそのような保証はありません。

  • 個人輸入される医薬品等の品質、有効性及び安全性(以下「品質等」という。)については、我が国の医薬品医療機器等法に基づく確認がなされていません。
    国によっては、医薬品等の品質等について、我が国と同じレベルでの確認が行われていないことがあります。
  • 品質等の確認が行われていない医薬品等は、期待する効果が得られなかったり、人体に有害な物質が含まれている場合があります。
    いわゆる健康食品、ダイエット食品等として販売されている製品についても、医薬品成分が含まれていて、健康被害を引き起こすことがあります。また、美容機器等と称して、あたかも医薬品医療機器等法の医療機器に該当しないかのように販売されている製品であっても、人の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼし、健康被害を引き起こすことがあります。

引用:厚生労働省

医師から処方されるGLP-1薬は、専門家によって安全性や有効性の確認がきちんとされています。

一方個人輸入のGLP-1薬においては安全であるという確認がされていないため、健康被害を引き起こす可能性があるのです。

また、個人輸入の薬を投与して健康被害が発生した場合は公的な救済措置が受けられません。

日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品については、それを適正に使用したにもかかわらず重大な健康被害が生じた場合に、その救済を図る公的制度(医薬品副作用被害救済制度)があります。 しかし、個人輸入された医薬品による健康被害については救済対象となりません。

引用:厚生労働省

国内で正規に流通している医薬品は、万が一重大な健康被害が生じた場合に公的な救済制度(国から医療費や年金などの給付を受けられる制度)が受けられます。

しかし個人輸入で入手したGLP-1薬に関しては、投与後に健康被害が発生しても救済の対象外となってしまうのです。

日本国内の医療機関で処方されるGLP-1薬に関しては臨床試験なども行われており副作用も把握されています。

そのため薬の使用中に副作用やトラブルが起こっても、すぐに医師から適切な対応をとってもらえるのです。

ところが個人輸入のGLP-1薬については医師や専門家でも成分や作用等の情報を把握しておらず、あなたが投薬した時期の体調などの記録も残っていません。

そのため、体調不良や副作用が起こってもすぐに原因が分からず、医療機関に行っても適切な対応が困難となるので非常に危険です。

【偽薬の可能性がある】

  • 虚偽又は誇大な効能・効果、安全性などを標ぼうして販売等されている場合があります。
  • 正規のメーカー品を偽った、偽造製品かもしれません。

・個人輸入される医薬品等は、効能・効果、用法・用量、使用上の注意等が外国語で記載されているため、一般に、記載内容を正確に理解することが困難です。
記載内容を正確に理解できたとしても、規制当局により認められていない効能・効果、用法・用量等が記載されていることがあります。 また、その製品の使用によって起こり得る望ましくない作用(副作用)や成分・分量などが、きちんと記載されていないこともあります。

引用:厚生労働省

日本国内で正規のルートで流通しているGLP-1薬は、きちんと医薬品医療機器等法に基づいて品質や安全性の確認がなされています。

しかし個人輸入のGLP-1薬は専門家による確認がされていないので、偽薬の可能性があります。

個人輸入した薬が本物かどうかを、現物の薬やパッケージを見ただけで一般の人が判断するのは非常に困難です。

また、インターネット上で輸入手続きを請け負う「個人輸入代行サイト」のなかには、偽薬を扱っていたり薬事法に従っていない業者もあります。

GLP-1ダイエットは医療機関で医師の管理のもとでおこなう医療行為。

そのため、決して自己判断で個人輸入をせずに医師から処方された正しい薬を使用する必要があるのです。

痩せるホルモン治療の効果アップ3つの秘訣

痩せるホルモン治療の効果アップ3つの秘訣

GLP-1ダイエットは「痩せホルモン」とも呼ばれるGLP-1を身体の外から補い、自然に食欲をおさえる減量法。

しかし、効果を上げるために極端な食事制限やハードな運動などをして無理に生活を変える必要はありません。

とはいえ「より効果的にGLP-1ダイエットをするにはどうしたらいいの?」

と疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。

そこで当項目では、痩せるホルモン治療の効果をアップさせる3つの秘訣をご紹介します。

  • アルコールの量を減らす
  • 適度な運動をする
  • ストレスのない生活を心がける

それぞれ以下で詳しく解説していきます。

アルコールの量を減らす

GLP-1ダイエット中はできるだけアルコールの量を減らすと減量効果のアップにつながります。
実は「GLP-1ダイエットを始めてからお酒の量も自然に減った」という声は東京GLPクリニックでも多いんです。
とはいえ、お酒の席で楽しくなってついついたくさん飲んでしまうと多くの糖質やカロリーを摂取してしまいます。
さらに、大量のアルコールを摂取するとGLP-1ダイエットの効果に影響を与えてしまうのです。
【アルコールとGLP-1ダイエットの関係】
  • GLP-1薬はすい臓に働きかける作用があるので、アルコールを摂取するとすい臓への負担が大きくなる
  • アルコールが食欲抑制ホルモン「レプチン」を減少させてしまうので食欲が増進する
しかし、いきなりお酒をやめるのはストレスがたまってしまいますよね。
そのため、GLP-1ダイエット中は蒸留酒など「低糖質低カロリー」で太りにくいお酒を選ぶのがおすすめです。
【太りにくいおすすめのお酒】
  • ウイスキー(無糖の炭酸水で割ったもの)
  • 焼酎
  • ブランデー
  • ジン・ウォッカ(無糖の炭酸水で割ったもの)
逆に、糖質が多く体脂肪として蓄積されやすいビールや日本酒などは「1杯だけにする」などルールを決めると効果的です。
このように、GLP-1ダイエット中はお酒をできるだけ控えつつ太りにくい種類を上手く選ぶことが、減量効果をアップさせる秘訣です。

適度な運動をする

GLP-1ダイエット中に適度な運動をすると、減量効果アップにつながります。
ウォーキングなどの有酸素運動を行うと直接体脂肪を燃焼でき、筋トレなどの無酸素運動で筋肉がつくと代謝が上がり痩せやすく太りにくい体に。
しかし、急にハードな運動をしてしまうと体に負担がかかり疲労やストレスがたまってしまいます。
そのため、以下のように無理なく続けやすい運動がおすすめです。
【GLP-1ダイエット中におすすめの運動】
  • 家の中でできるストレッチや筋トレをゆっくりやる
  • 徒歩通勤用にシューズを新調して正しい姿勢で1駅分歩く
  • YouTubeで紹介されている1回3分でできるトレーニングを毎日行う
以上のように、GLP-1ダイエット中はハードな運動ではなく楽しく生活の中で取り入れられるゆるい運動を実践するのが、減量効果アップの秘訣です。

ストレスのない生活を心がける

GLP-1ダイエット中は自分の意志で我慢しなくても自然に食欲がおさえられるので、無理な食事制限や激しい運動は必要ありません。

極端な食事制限やハードな運動でストレスがたまってしまうと、挫折やリバウンドの原因になってしまいます。

そのため、GLP-1ダイエット中は無理に生活を変えないことが大切です。
ストレスがたまることによって食欲抑制作用がある「セロトニン」の分泌が減るので食欲が増進してしまいます。
このように、ストレスはダイエットの天敵なので仕事や普段の生活でも適度にストレスを発散させることが大切。
【ストレス発散におすすめの方法】
  • 感動する映画や本を見て感情を解放して涙を流す
  • バラエティ番組やお笑いを見て声を出して思いっきり笑う
  • 静かな場所をゆっくり散歩・日光浴をして自然の中でくつろぐ
  • プロのマッサージを受けて仕事の疲れを癒す
  • リラックスできる音楽を聴きながらめい想し、副交感神経を優位にする
また、睡眠不足も慢性的なストレスの原因となり「コルチゾール」というストレスホルモンの分泌を促してしまいます。
睡眠中に分泌される「成長ホルモン」は脂肪燃焼効果もあるので、できるだけ7時間以上眠ることが大切です。
以上3つの秘訣を意識しながらGLP-1ダイエットをすることで、効率的な減量ができます。

GLP-1はクリニックで安全・効果的に実践しよう

GLP-1はクリニックで安全・効果的に実践しよう

GLP-1ダイエットはクリニックで医師の管理のもと行うのが唯一効果的で安全な方法です。

東京GLPクリニックでは一人ひとりに適切なサポートができるよう、独自開発のアプリでオンラインチャット機能を導入しました。

気になることや副作用の症状があればアプリですぐに医師に連絡できるシステムなので、安心して減量ができます。

当院からあなたのダイエットの状態なども把握できるようになっていますので、何か変化があればすぐにアドバイスができる体制を整えています。

あなたも、ダイエットに精通した医師と一緒に効率的なGLP-1ダイエットを始めませんか?

2020年最新のGLP-1ダイエット!安全性や効果を検証した結果は?
最新情報をチェックしよう!