GLP-1ダイエットは効かないというのはある意味事実!3つの例を徹底解説!

好きな食べ物を我慢しなくても、自然に痩せられると話題のGLP-1ダイエット。

しかし、あなたはこんな風に疑問に思っていませんか?

  • GLP-1ダイエットって本当に効果があるの?
  • どんなやり方が失敗しやすい?効かない理由は?
  • 実践者のリアルな口コミが知りたい!

そこで当記事では、次の内容をわかりやすく紹介します。

  • GLP-1ダイエットが効かない3つの例
  • GLP-1ダイエットで痩せる3つの理由とメリット
  • GLP-1ダイエットに成功した3人の体験談

5分ほどで読めますので、GLP-1ダイエットをやってみたいけど実際に効果があるのか不安な人は、ぜひ参考にしてみてください。

GLP-1ダイエットが効かない3つの例とは?

GLP-1ダイエットが効果的でない3つの例とは?

「GLP-1ダイエットをしても効かない!」という口コミがあると不安になる人も多いかもしれません。

しかし、GLP-1ダイエットで効果が出なかった例は下記のようなケースが多いのです。

  • サプリやサバ缶に頼る
  • GLP-1薬を個人輸入する
  • 価格だけでクリニックを選ぶ

以下で詳しく解説していきます。

サプリやサバ缶に頼る

GLP-1のサプリやサバ缶は、医学的にGLP-1ホルモンが増えて痩せるという根拠はありません。

そのため、サプリやサバ缶を使ってGLP-1ダイエットをすると、「GLP-1ダイエットは効かない」と感じてしまうことがあります。

「GLP-1サプリ」とうたっているものには、以下のような栄養補助食品があります。

【GLP-1サプリとよばれるものは?】

  • DHA・EPAサプリ
  • オメガ3サプリ
  • フィッシュオイルサプリ
  • 乳酸菌・食物繊維サプリ など

これらはあくまでも健康食品であり、減量効果がほとんど得られません。

そのため、ただGLP-1サプリを飲むだけでは減量できず、食事管理や運動などの努力が必要です。

また、テレビ番組で取り上げられたこともあり、サバ缶でのダイエットが一時期ブームに。

「サバ缶は、GLP-1の分泌を促進させるとされるEPAが豊富に含まれている」と番組内で紹介され、話題になりました。

しかし、サバに含まれるEPAがGLP-1の分泌を促し、減量効果があることが試験によって証明されているわけではありません。

逆に、「サバ缶がおいしくて食べ過ぎ、太った!」という口コミもあるので注意が必要です。

一方、医師が処方する正規のGLP-1薬は、多くの論文で体重減効果が証明されています。

さらに、アメリカでは肥満治療としても承認され、医学的根拠のあるダイエットです。

以上のように、サプリやサバ缶は、医療機関で処方されるGLP-1薬のように十分な効果は得られません。

GLP-1薬を個人輸入する

個人輸入したGLP-1薬は有効性が不明瞭なため、ダイエットに効かない可能性があります。

そもそもGLP-1薬には複数の種類があり、そのうち減量効果が証明されているのは一部

素人が医学的な専門用語をおぼえながら成分名と商品名を把握、痩せられるGLP-1薬を見つけて用法用量を正しく理解することは困難です。

また、安全性も保証されていないので大変危険

医薬品医療機器等法によって医薬品などの表示方法が規定・取締りされている日本国内とは異なり、海外の店舗やサイトでは虚偽や誇大な効能・効果などを標ぼうして、販売されている可能性も否定できません。

引用:政府広報オンライン

そして、海外から個人輸入した薬は用法や用量も外国語で表記されているため、誤った方法で服用してしまう可能性が高くなります。

さらに、GLP-1を個人輸入する場合は偽造製品であっても判断がつきません。

海外では無許可で医薬品を作っている業者があり、それらの偽薬を取り扱っている個人輸入サイトも存在します。

偽薬ではダイエットの効果が得られないどころか、成分が不明瞭なため健康被害が発生することもあります。

  • 虚偽又は誇大な効能・効果、安全性などを標ぼうして販売等されている場合があります。
  • 正規のメーカー品を偽った、偽造製品かもしれません。

個人輸入される医薬品等は、効能・効果、用法・用量、使用上の注意等が外国語で記載されているため、一般に、記載内容を正確に理解することが困難です。
記載内容を正確に理解できたとしても、規制当局により認められていない効能・効果、用法・用量等が記載されていることがあります。 また、その製品の使用によって起こり得る望ましくない作用(副作用)や成分・分量などが、きちんと記載されていないこともあります。

引用:厚生労働省

また韓国に行って買う方法もおすすめできません。

なぜなら、中古品が出回っていたりカウンセリングなしに処方された、という報告も出ているからです。

持ち帰ったが使い方がわからない、ということもありえます。

参考:ハーバー・ビジネス・オンライン

以上のことから、GLP-1薬は己判断で個人輸入せず、必ず日本の医療機関で処方された正規の薬を使用してください。

価格だけでクリニックを選ぶ

費用が安いGLP-1クリニックは、以下の理由から注意が必要です。

  • あまりダイエットに効かない安い薬を処方していることがある
  • 薬を処方するのみで、副作用が起こったときに追加の診察費用がかかったり、適切なサポートがない場合がある

GLP-1薬の種類に関しては、次の表の左端のように価格が安くてもダイエットにあまり効かないものがあります。

価格だけでクリニックを選ぶ

出典:東京GPLクリニック

このため、医療機関は費用だけで選ばずしっかりと医師のサポートがあるGLP-1ダイエット専門のクリニックを選ぶことが大切です。

以上のように、GLP-1ダイエットは医療機関で処方された薬を正しく使用し医師と二人三脚で行うことで、効果を発揮します。

実績があり信頼できる医師の指示に従って薬を使い、安全にダイエットを成功させてください。

正しいGLP-1ダイエットは痩せる!3つの理由は?

正しいGLP-1ダイエットは痩せる!3つの理由は?

医師の管理のもと正しく行えば、GLP-1ダイエットは痩せる効果が実証されています。

下記の試験結果からも、GLP-1ダイエットでも使われるリラグルチド(商品名:ビクトーザ)は、効果がない偽薬を投与したプラセボのグループと比較し、減量効果が高いことが証明されています。

海外で過体重または肥満(BMI≧27.0) の2 型糖尿病患者に対して行われたSCALE Diabetes 試験では,リラグルチド3.0mg/日投与群,1.8mg/ 日投与群,プラセボ群で,56週時点におけるベースラインからの体重減少は,3.0mg 群で6.0%(6.4kg),1.8mg 群で4.7%(5.0kg),プラセボ群で2.0%(2.2kg)であった。

引用:東京都病院薬剤師会

BMI27以上の糖尿病患者に対して行われた56週にわたる試験の結果、

  • リラグルチド1.8mg の投与では5.0kg
  • リラグルチド3.0mgの投与では6.4kg

の体重減少が認められたことから、薬の用量が多くなるほど体重減少効果が高いこともわかります。

このように、GLP-1ダイエットで使用するリラグルチドの体重減少作用は医学的に実証されています。

実績のある医師がしっかり監修することが、GLP-1ダイエットで正しく減量する唯一の方法です。

GLP-1ダイエットで痩せる理由はおもに次の3つ。

  • 食欲を無理なく抑える
  • 少量の食事で満足できる
  • 満腹感が持続し間食を防ぐ

以下で詳しく解説していきます。

食欲を無理なく抑える

GLP-1には、脳の迷走神経に働きかけて満腹感の情報を送り、食欲を抑制する働きがあります。

【迷走神経とは】

感覚神経・運動神経のひとつで、頸部 (けいぶ) ・胸部・腹部に達して多くの内臓に分布。

GLP-1は、ヒトの小腸からも分泌されますが、その働きは「DPP-4」という酵素によって邪魔されてしまいます。
ところがGLP-1薬はDPP-4に邪魔されないように作られているので、脳まで達して満腹感を伝えられるのです。

これまでの自己流の食事制限ダイエットでは、空腹感を自分の意志で我慢するのが苦しいことも。

その結果ストレスがたまり、我慢を諦めてドカ食いしてしまった人も多いのではないでしょうか。

一方、GLP-1ダイエットなら苦しい空腹感を自分の意思で我慢しなくても、GLP-1が脳に働きかけることで自然に食欲が抑えられます。

少量の食事で満足できる

GLP-1は別名「痩せホルモン」とも呼ばれ、食欲抑制作用があります。

GLP-1はもともとヒトの体内にもありますが、太っている人は痩せている人よりもGLP-1の分泌が少ないことが分かっています。

太っている人→GLP-1の分泌量が少なく満腹感が得られにくいので、食べる量が増える
痩せている人→GLP-1の分泌量が多く、少量の食事でお腹がいっぱいになる

あなたは、なかなか満腹感が得られずにドカ食いしてしまった経験はありませんか?

GLP-1の分泌量が少ないと「もうお腹いっぱい」という情報が脳まで送られないので、たくさん食べてしまいます。

そこで、GLP-1を薬で補うことによって自然に食欲が落ち、自分の意思で我慢しなくても食事量が減って減量できるというわけです。

満腹感が持続し間食を防ぐ

GLP-1には胃や腸の動きを穏やかにさせる作用があるため、胃腸にある食べ物が通常よりもゆっくりと排出されるようになります。

そのため、胃腸内に食べ物が長時間残りやすくなり、満腹感を長く持続させられるので間食も減らせるのです。

普段から間食が多い人は、GLP-1ダイエットによって自然におやつの量が減ることで大幅なカロリーカットができます。

このように、GLP-1薬は脳や胃に働きかけることで自然に食欲を抑えられるため、空腹感のつらさやストレスを抑えながら痩せられます。

GLP-1ダイエットに成功した体験談を公開!

こちらの動画では、約1ヶ月間GLP-1ダイエットを体験した人たちが結果や感想を話しています。

ここでは、3人のGLP-1ダイエットでの効果や体験談を紹介します。

会社員30代男性(1)

【効果】

  • GLP-1ダイエット開始から33日間で7.9kgの減量に成功(90.1kg→83.1kg)
  • GLP-1ダイエットを始める前より格段に食べる量が減った
  • まったくストレスを感じることはなく、我慢せず食べたいものは食べていた
  • 深夜にカップラーメンやおにぎりを食べたこともあったが、体重が落ちた
  • 自分で意識はしていなくても、自然にお酒を飲む量が減った

【感想】

「自分で好きなものを好きなだけ我慢せずに食べられて、これだけ体重が減るというのはほかにはなく、GLP-1ダイエットに出会えて幸せだなと思った。

もっと早くGLP-1ダイエットに出会っていれば、いろんなところにお金をかける必要がなかった。

GLP-1ダイエットをもっとたくさんの人に知ってもらい、減量を成功させてほしい」

上記の男性は、まったくストレスを感じることなく、好きなものを食べながら大幅な減量に成功しています。

会社員30代男性(2)

【効果】

  • GLP-1ダイエット開始から31日で10.3kgの減量に成功(154.4kg→144.1kg)
  • コーラが好きで、毎日ペットボトル1~2本は飲んでいた
  • 「あれ、食べてなかったな」という日があるほど、空腹感を感じなかった

【感想】

「我慢しなくていいのが一番のメリット。

今までいろいろなダイエットをやっても痩せなかったが、GLP-1ダイエットで10kg減量できて衝撃的だった。

みんなにすすめたいダイエットです」

この男性のように、今までほかの方法で痩せなかった人も「GLP-1ダイエットで痩せられた」という感想は多いのです。

GLP-1ダイエットは、ほかのダイエット法より成功しやすいダイエットといえます。

会社員40代女性

【効果】

  • GLP-1ダイエット開始から35日で3.4kgの減量に成功(77.5kg→74.1kg)
  • 減量効果に波があり、全然体重が減らない時期もあったが、それを越えたら急に減った
  • GLP-1ダイエット中もお菓子を我慢せずにたくさん食べた
  • 自分では意識していないが、自然に食べる量が減った
  • 意識して運動はしていなかった
  • 1回で飲むお酒の量が驚くぐらい減った
  • 会社でお菓子をもらっても、食べずに余るようになった

【感想】

「友達に痩せたことを気づいてもらえた。

いままで挫折してきたり、苦労してきている意志の弱い人たちにぜひやってほしい」

動画の中では、4人中2人に「GLP-1ダイエットで自然にお酒の量が減った」という効果があらわれています。

食事の量とともにお酒の量が減ると、その分減量効果も大きくなりますよね。

そして、動画の全員に共通していたのは、「好きなものを我慢せず食べたけど、痩せた」という感想。

今までのダイエットでは「努力」や「我慢」はつきものでした。

しかし、この動画の人たちのように我慢せずにストレスなく痩せられるのは、GLP-1ダイエットの大きなメリットですね。

GLP-1メディカルダイエット3つのメリットは?

GLP-1メディカルダイエット3つのメリットは?

GLP-1を使った減量は、「メディカルダイエット」とも呼ばれる医師が行う痩身法です。

では医師の管理のもと行うGLP-1ダイエットは、ほかのダイエットに比べてどんなメリットがあるのでしょうか。

当項目では、GLP-1ダイエットのメリットを3つ紹介します。

  • ダイエット中のストレスが少ない
  • 薬の安全性が高く副作用が少ない
  • 忙しい人でも挫折しにくい

それぞれ、以下で詳しく解説していきます。

ダイエット中のストレスが少ない

GLP-1ダイエットの大きな特徴は、ほとんどストレスを感じることなく痩せられるということ。

通常のダイエットでは、厳しい食事制限や激しい運動など、自分の意志で長期間努力を継続しなければなりません。

空腹感を我慢して無理に食事の量を減らしたり、慣れない筋トレや運動をしたりと、多くの努力や我慢が必要になるのでストレスがたまりやすくなります。

一方GLP-1ダイエットは自然に食欲が抑えられるので、「もっと食べたい」という欲求が少なくなりストレスなく食事の量を減らせます。

薬の安全性が高く副作用が少ない

GLP-1薬の代表の「ビクトーザ」は、糖尿病の治療薬として2010年にアメリカのFDA(食品医薬品局)に承認され、安全性が保証されています。

日本でも2010年に厚生労働省に糖尿病治療薬として認可されていて、現在に至るまで多くの糖尿病患者に処方されています。

さらに、肥満の人の割合が多い米国や欧米では2014年に肥満治療薬としても承認されました。

また、GLP-1薬は医薬品ですので副作用は存在しますが、すべての人に起こるわけではありません。

薬への感受性が高い人は治療初期に下記のような副作用があらわれることがあります。

【GLP-1ダイエットでの副作用】

  • 胃部不快感
  • 便秘
  • 吐き気
  • 下痢

症状があらわれても、ほとんどの場合は時間の経過とともに改善がみられますが、症状が出た場合はまず医師に相談してください。

GLP-1薬は胃に働きかけるので、副作用で起こる胃腸の症状は、薬の効きすぎが原因とも言えます。

代表的なGLP-1薬の「ビクトーザ」なら、最小注入量が0.3mgなので小刻みに服用量を調整できます。
そのため、副作用が不安な場合は医師の指導のもとビクトーザを少量から始めて徐々に体を慣らしていくのがおすすめです。

忙しい人でも挫折しにくい

GLP-1ダイエットは、忙しくても挫折しにくく成功しやすいのもメリットのひとつです。

  • 遠隔診療ができるクリニックなら、通院しなくても自宅でダイエットが完結する
  • 投薬は慣れれば1日1回、1分で完了

「近くにクリニックがない…」

「仕事が忙しくて通院する時間を確保できない…」

そんなときは、遠隔診療(オンライン診療)のある医療機関を利用すれば、出向かなくてもビデオ通話を使って医師の診療が受けられます。

自宅や職場などで診療を受けられるので、通院時間や待ち時間がなく交通費も節約できるのがうれしいポイントです。

東京GLPクリニックでは、通院ができない人もGLP-1ダイエットができるよう遠隔診療に対応しています。

予約から診療、薬の郵送まですべてインターネット上で完結できるので非常に便利です。

診療が終わったあとも、副作用などで不安なことがあればアプリのチャット機能を使って医師に無料で何度でも相談できるので安心。

今までひとりで行う孤独な減量法が続かなかった人も、医師とオンラインでつながる遠隔診療でのGLP-1ダイエットなら成功しやすくなります。

また、GLP-1薬の投薬は1日1回、慣れれば1分で完了する簡単な治療法です。

そのため、忙しい毎日でダイエットに挫折しがちだった人も無理なく続けられます

GLP-1は正しく実践すれば効果的な肥満治療法

GLP-1は正しく実践すれば効果的な肥満治療法

GLP-1ダイエットは、しっかりと実績のある医師の指導のもと正しく使用すれば、効果的に減量できます。

GLP-1薬は、国内外の数々の試験により体重減少効果が証明されていて、肥満治療に効果的であるという医学的根拠も明確です。

危険な個人輸入や自己判断での服用は絶対に行わず、疑問点や不安なことは必ず医師に相談しながら行ってください。

適切な医師のサポートがあり信頼できるクリニックを選び、安全・安心にダイエットを成功させましょう。

GLP-1ダイエットは効かないというのはある意味事実!3つの例を徹底解説!
最新情報をチェックしよう!