ビヨンセが激ヤセした方法とは?失敗しないレモネードダイエットを解説!

ビヨンセがわずか14日間でー9kgの減量に成功した、「レモネードダイエット」

海外セレブの間でも「短期間で痩せる」ダイエット方法として人気です。

とはいえ

ニャンコ
14日で9キロ?信じられない!
ワンコ
レモネードってどうやって作るの?
と、疑問も多く浮かんできます。
そこで当記事では「失敗しないレモネードダイエット」についてお伝えし、疑問にお答えします。
具体的には
  • レモネードの材料と作り方
  • レモネードダイエット実践3ステップ
  • レモネードダイエットの5つの効果
  • レモネードダイエットの失敗原因と解決策
  • レモネードダイエット実践の注意点

について詳しくご説明します。

当記事を読めば、レモネードダイエットに成功し、短期間で減量できる可能性が一気にアップ!

レモネードダイエットが気になる方は、ぜひ参考にしてください。

セレブに大人気!レモネードダイエットとは?

セレブに大人気!レモネードダイエットとは?

レモネードダイエットといえば、日本でも大人気の米国歌手ビヨンセが火付け役です。

ビヨンセは、海外エンタメ雑誌「PEOPLE(ピープル)」で『世界一美しい女性』に選ばれるほどの美ボディの持ち主。

しかし「もともとスリムではなく、スタイル維持には努力が必要な体」と彼女は語っています。

そんなビヨンセが映画「ドリームガールズ」に向け、実践したのが「レモネードダイエット」。

わずか14日間でー9kgの減量に成功しました。(2006年)

ビヨンセはその後2015年にもレモネードダイエットを実践し、-6.8kgの減量を達成しています。

レモネードダイエットは、セレブが「短期間で減量したい」ときに選ぶダイエット方法なのです。

レモネードダイエットの方法

レモネードダイエットは、一定期間レモネードだけを飲む「ファスティング(断食)ダイエット」です。

レモネードといっても普通のレモネードではなく、ダイエット用に作ります。

短期間で大きな体重変化が起きる可能性があるため、実践方法を正しく守ることが重要です。

実践!レモネードの材料と作り方

実践!レモネードの材料と作り方

レモネードダイエットには、ダイエット用のレモネードが必須です。

レモネードの材料と具体的作り方についてご紹介します。

レモネードの材料

レモネードの材料4つはこちら

【レモネードの材料】

  1. レモン(生でも市販のレモン果汁でもよい)
  2. 水(ミネラルウォーター)
  3. メイプルシロップ
  4. カイエンペッパー

③メイプルシロップと④カイエンペッパーはなじみが薄い食材なので、ご説明します。

メイプルシロップ

メイプルシロップは、サトウカエデ(という名の木)の樹液を煮詰めて作った天然甘味料です。

メイプルシロップ

引用:Amazon

メープルシロップについて、ふたつのポイントはこちら

  1. 100%天然のものを購入すること
  2. 開封後は冷蔵庫で保存すること
    →常温保存するとカビが発生する恐れがあるため

「メイプル風シロップ」や「メイプル入りシロップ」はNG!

間違えないように、よく見て購入することが大切です。

カイエンペッパー

カイエンペッパーは、完熟赤唐辛子の粉末で強い辛みが特徴の香辛料です。

カイエンペッパー

引用:Amazon

ほんの少ししか使用しないので、少量を買えば十分です。

粉唐辛子・チリペッパー・レッドペッパーもほぼ同じものを指します。

しかし「チリパウダー」はほかの材料も入った香辛料なのでNG。

カイエンペッパーはとても辛く、入れすぎると飲めなくなるため注意が必要です。

レモネードの作り方

レモネードダイエット用レモネードの作り方をご紹介します。

レモネード
【材料】
・レモン果汁:大さじ2(生のレモン1/2個分)
・水(ミネラルウォーター):300~500ml
・メープルシロップ:大さじ2
・カイエンペッパー:0.5g(ほんの少し)
【作り方】
すべての材料を混ぜ合わせて完成
参考:cookpad
レモネード
引用:cookpad
作り方のポイント4つはこちら
  1. レモン果汁は生レモンが好ましいが、市販のレモン果汁でもよい
  2. 水は軟水のミネラルウォーターがよい
    →硬水はお腹をこわす恐れがあるため
  3. 水の量は好みに応じて調節する
  4. カイエンペッパーの入れすぎに注意する
    →辛くて飲めない・胃腸をこわす恐れがあるため

ポイントを守れば、簡単においしいレモネードができ上がります。

レモネードダイエットは市販でもできる?

レモネードダイエットは市販でもできます。

代表的なレモネードダイエット製品はこちら

株式会社IDEA『マスタークレンズダイエット』
販売公式サイト

レモネードダイエットをやってみたいけれど

  • 材料をそれぞれ買って作るのが面倒
  • まずは1回試してみたい

といった場合、レモネードダイエット用製品を買うのもひとつの方法です。

レモネードダイエット実践の3ステップ

レモネードダイエット実践の3ステップ

レモネードダイエットは3ステップで実践します。

【レモネードダイエットの実践3ステップ】
ステップ1:準備期間
ステップ2:本番
ステップ3:回復期間
すべてのステップが重要なので、詳しくご説明します。

準備期間【ダイエット開始前】

レモネードダイエットダイエットには準備期間があります。

なぜなら本番は「水分のみ」を摂取するため、いきなり実践すると体調を崩す恐れがあるためです。

本番の1週間前(遅くとも3日前)から準備をはじめます。

準備期間にやる4つのことはこちら

  1. レモネードダイエットの本番日と日数を決める
  2. 消化に良いものを食べる
  3. 体調を整える
  4. 本番で飲むレモネードを作って試飲する

順番に解説します。

準備①レモネードダイエット本番の日程を決める

準備期間にやること①は「レモネードダイエット本番の日程を決める」こと。

なぜなら、本番中は固形物を食べないことから、設定できる日が限られるためです。

本番日程の「1週間前(遅くとも3日前)から準備期間に入る」ことも忘れずに、日程を考えます。

まず本番の日数を決める

さきに本番の日数を決めます。

レモネードダイエット初心者は本番の日数を「3日間」に設定します。

「3日間」に設定する理由ふたつはこちら

  1. 3日間の断食で減量効果が期待できるため
  2. 慣れない人が4日以上を設定するのは体調を崩す恐れがあるため

安全に実践するための「3日間」なのです。

本番のスタート日を決める

本番の日数を決めたら次はスタート日を決めます。

ここで「いつからいつまで断食するのか」の決定です。

本番の日程を決めるうえで≪3つのNG≫はこちら

  1. 人に会って食事をする日はNG
    →固形物が食べられないため
  2. 活動量が多い日はNG
    →エネルギー不足に陥る可能性があるため
  3. (女性の場合)生理日はNG

これらの日を避けて、本番スタート日を決めることが重要です。

本番スタート日から逆算して1週間前(遅くとも3日前)から、次の準備に入ります。

準備②食事を減らし、消化に良いものを食べる

準備期間にやること②は「食事を減らし、消化に良いものを食べる」です。

なぜなら、暴飲暴食のあとに急に本番(断食)に入ると、体が対応できず体調を崩すためです。

※特に前日は夜8時までに固形食を終えて胃腸を休ませる準備をする。

ファスティング(断食)期間にそなえ、1週間(少なくとも3日間)かけて以下の2種類の準備をします。

胃腸の負担を軽くするための準備
徐々に食事の量を減らす
→特に脂っこい食べ物や炭水化物を減らします
消化に良いものを食べる
→温かな野菜スープやおみそ汁がよい
【断食にそなえて栄養を蓄えるための準備】
①高たんぱく・低カロリー食を心がける
②ビタミン・ミネラルを蓄える

どちらの準備にも適しているのが、「和食中心の食事」です。

〔まごわやさしい〕ビタミン・ミネラル豊富な和の食品】

「ま:まめ」大豆食品・豆腐・味噌・納豆・あずきなどの豆類

「ご:ごま」ごま・アーモンドなどのナッツ類・ぎんなんなど

「わ:わかめ」わかめ・ひじき・のり・昆布・などの海藻類

「や:やさい」すべての野菜

「さ:さかな」すべての魚

「し:しいたけ」しいたけ・しめじ・まいたけなどのきのこ類

「い:いも」じゃがいも・さつまいもなどの芋類やこんにゃく

「和食」を上手に取り入れて本番にそなえることが、レモネードダイエットの成功につながります。

準備③体調を整える

準備期間にやること③は最重要な、「体調を整える」です。

数日間食事をとらないので、「体調のよいとき」に本番をスタートさせなくてはなりません。

まずは、本番に向けて体調を整える(特に前日は早く寝る)こと。

そのうえで、もし体調がすぐれない場合は、延期してスタート日を再設定することをおすすめします。

無理をせず体と相談し、万全の体制でのぞむことが大切です。

準備④本番で飲むレモネードを作って試飲する

準備期間にやること④は「本番で飲むレモネードを作って試飲する」こと。

なぜなら本番中はレモネードのみで過ごすので、自作のレモネードの味に耐えられないと挫折につながるためです。

事前にいろいろ試して、味覚に合うおいしいレモネードが作れたら、本番中楽しくすごせます。

本番のためのレモネード準備
事前に材料を揃え、レモネードを作ってみる

調味料や水の量を調整してベストな配分を見つけておく

市販品で実践する場合でも一度は飲んでおくことがおすすめです。

準備が整ったらいよいよ本番です。

本番【ダイエット期間中】

本番中は、レモネードと水分のみ。

レモネードを水(お湯)で割ったもの1.5L分を、1日かけて少しずつ飲みます。

飲むタイミングは決まっておらず、お腹が空いたなと思ったら飲むと空腹がおさまってGOOD!

水分はノンカフェイン・ノンカロリーであれば何でも飲めます。

☆レモネードは1日分をまとめて作ってもよい。

また、レモネードダイエットはホットでもよく、体を冷やさないためにはホットがおすすめ。

☆ホットの場合はレモンとメープルシロップを混ぜた原液を持ち歩き、飲む時にお湯を加えるとよい。

本番中の注意点3つ

本番中の注意点3つはこちら

  1. サプリメントであっても、固形物を摂ってはいけない
    →消化器官を休ませるため
  2. 激しい運動は避け、入浴は短い時間ですませる
    →エネルギー不足に陥る危険があるため
  3. 体調不良を感じたら無理をせず中断する

特に③が重要!無理は禁物です。

空腹を感じたら

レモネードがおいしいので、空腹を感じにくいダイエットという声を多く聞きます。

それでも本番中に、空腹を感じた場合はこちら

  1. ノンカフェインのハーブティーを飲む
    →体が温まり、リラックス効果もある
  2. 炭酸水を飲む
    →炭酸でお腹がふくれる
  3. 歯磨きをする
    →口の中がさっぱりする

3つの方法で空腹を乗り切り、体調を維持してゴールすることが大切です。

回復期間【ダイエット終了後】

レモネードダイエット本番終了後は、回復期間にはいります。

休息していた胃腸を含め体内器官が、固形物を受け入れるための大切な期間です。

回復期間に気を付けること

回復期間に気を付ける4つのことはこちら

  1. いきなり普通食に戻さないこと
  2. 回復食であっても、ゆっくりよく噛んで食べること
  3. アルコール・刺激物・脂っこい食べ物はNG
  4. 回復期間1日目は家で食事をとること

④の理由は、家の方が食事を調整でき、万一お腹をこわしても対応できるからです。

回復期間の食事

回復期間の食事は「柔らかく煮た野菜スープやみそ汁」からスタートします。

≪1日目の夕食から≫温かいおかゆやうどんを少しずつ食べてOK。

≪2日目から≫調子が良ければパンを食べてよい。

≪3日目から≫消化に負担のかかる海藻やイモ類を取り入れます。

体調を見ながら、回復期間をしっかりとることが重要です。

レモネードダイエットの効果は?

レモネードダイエットの効果は?

レモネードダイエットには4つの効果があります。

【レモネードダイエット4つの効果】
1.摂取カロリーの大幅ダウン
2.宿便まですっきりデトックス
3.脂肪をメラメラ燃やす
4.内臓をリセットして機能を高める
それぞれご説明します。

摂取カロリーの大幅ダウン

レモネードダイエットの効果ひとつめは、「摂取カロリーの大幅ダウン」です。

なぜなら、準備期間から回復期間まで摂取カロリーが低い生活を送るためです。

特に本番中は、レモネードとノンカロリーの水分のみで過ごします。

【摂取カロリーの比較】
成人女性の1日の摂取カロリー:1400~2000kcal
レモネード1日分のカロリー:約60kcal
農林水産省HPより)
レモネードダイエットは大幅に摂取カロリーを減らせるので、ダイエット効果が期待できます。

宿便まですっきりデトックス

レモネードダイエットのふたつめの効果は「宿便まですっきりデトックス」です。

なぜなら、入ってくる固形物がないため腸が休息でき、本来の働きを取り戻すからです。

本番中、腸内に入ってくるのはレモネードと水分のみ。

腸は「入ってくる固形物の分解」の仕事をお休みできます。

固形物を食べないときの腸の働き】
・休息した腸は、毒素を排出する仕事に集中
・空腹を感じると出るホルモン「モチリン」が腸の運動を促す

レモネードダイエットで腸を休ませることで、デトックス能力が上がり、ダイエット効果につながるのです。

脂肪をメラメラ燃やす

レモネードダイエットの効果3つめは「脂肪をメラメラ燃やす」こと。

なぜなら、レモネードダイエットのレモネードにはカイエンペッパーが含まれているからです。

カイエンペッパーには、カプサイシンという辛み成分が含まれています。

カプサイシンには

  1. 体温を上げ、汗を出す
  2. 代謝を促進し脂肪燃焼を助ける
  3. 脂肪分解を促進する

という、脂肪をメラメラ燃やすうれしい効果が!

減量目的でレモネードを飲む場合、カイエンペッパーは必須です。

(ただし、入れすぎにご注意ください)

カプサイシンが脂肪を燃やしダイエット成功へ効果を発揮します。

内臓をリセットして機能を高める

レモネードダイエットの4つめの効果は「内臓をリセットして機能を高める」こと。

なぜなら、固形物を食べない期間、内臓が休息できるからです。

レモネードダイエットで内臓に起きる変化

レモネードダイエット本番中、内臓にはさまざまな変化が起きています。

【消化器官全般】
食道・胃・十二指腸・すい臓・大腸などに固形物が入ってこない

・臓器は休息し、炎症や傷を治し健康な状態になる
・それぞれ臓器の本来の力を取り戻す
【血液】
固形物が入らないため、毒素も入らずサラサラ血液になる

日常生活を送っていると、内臓は「不眠不休」です。

レモネードダイエットにより内臓を休ませることで、本来の機能が復活しダイエットにつながるのです。

レモネードダイエットで失敗する原因は?

レモネードダイエットで失敗する原因は?

レモネードダイエットは正しく行えば減量効果が期待できますが、うまくいかないケースも・・・

当項目では、失敗にありがちな以下の原因をわかりやすく説明します。

健康を維持しながらレモネードダイエットを実践するために、ぜひ参考にしてください。

【レモネードダイエット4つの失敗原因】
1.空腹感がつらい
2.体がフラフラする
3.リバウンドしやすい
4.作るのが面倒
ひとつずつご説明します。

空腹感がつらい

レモネードダイエットの失敗原因ひとつめは、「空腹感のつらさ」

なぜなら、本番中は固形物を一切食べないので空腹を感じやすいためです。

対策には以下の2種類があります。

  1. 空腹を感じにくくするための準備
  2. 本番中に空腹を感じたときは

それぞれお伝えします。

対策①空腹を感じにくくするための準備

準備期間中に空腹を感じにくくするための対策を取っておくと、本番を乗り切りやすくなります。

食事の量を徐々に減らしておく

一週間(少なくとも3日間)かけて徐々に食事の量を減らしておくと

  • 胃腸に固形物が入ってこない状態に慣れやすい
  • 食べないことへのストレスがゆるやかになる

といった利点があります。

おいしいレモネードを準備する

準備期間に、すごく美味しいあなたに合ったレモネードが作れるようになると

  • レモネードを飲むことで空腹を感じにくくなる
  • 楽しい気持ちで本番を乗り越えられる

など理想の本番を迎える準備ができます。

レモネードを作りながら材料の配分や質を変えてみて、おいしいレモネードに出会うことがおすすめです。

対策②本番中に空腹を感じたときは

本番中に空腹を感じたときにも、いくつかの対策があります。

ノンカロリーの飲み物を活用する

水分はいくら飲んでも構わないので、ノンカロリーかつノンカフェインの飲み物を活用します。

  • スッキリしたいときは、炭酸水
  • 体を温めたいときは、ハーブティーや番茶
  • コーヒーなら、ノンカフェインのブラックコーヒーや玄米コーヒー

など、お好みの飲み物で「ホッと一息」できれば空腹がやわらぎます。

レモネードの味を変える

レモネードの味に飽きると挫折につながるので

  • 水の量を調節して濃度を少し変える
  • 冷やして飲んだりホットで飲んだりして温度を変える

といった変化を加えると、新鮮な気持ちで乗り越えられます。

食べ物以外のことに頭を使う

頭の中が食べ物でいっぱいにならないように

  • 好きな音楽を聴く
  • 本やまんがを読む
  • キレイに痩せた自分を想像する

といったストレス軽減の方法を取り入れると、本番が終わるまでの時間が早く感じられておすすめ。

ご紹介した方法を参考に、空腹感を乗り越えることが、レモネードダイエットの成功には大切です。

体がフラフラする

レモネードダイエットの失敗原因ふたつめは、「体力がなくなってしまう」ことです。

本番中は食事をとらないので、エネルギー不足から体がフラフラすることがあります。

本番中に体がフラフラする3つのパターンと対策はこちら

  1. 激しい運動や長風呂をしている
    →体力を消耗するため本番中はやめる
  2. 仕事が忙しくハードワークをしている
    →仕事を軽くできない場合は本番日を再設定する
  3. ダイエット方法が体質に合っていない
    →気を付けていてもフラフラする場合は無理せず中断する

本番中にフラフラする原因を取り除き、体調が回復すればレモネードダイエットを継続できます。

しかし、体がフラフラするのは異変を知らせる大切なサイン。

一度中断して回復期間に入り、体がフラフラしなくなるまで様子を見る決断も重要です。

絶対に無理をしてはいけません。

リバウンドしやすい

レモネードダイエット失敗原因の3つめは「リバウンドしやすい」こと。

なぜなら、食べることを我慢して乗り越えたあと、反動で食べ過ぎてしまうためです。

たとえば、「ダイエットが終わったら何を食べようか」とばかり考え本番を終えると、リバウンドしやすくなります。

対策は?

リバウンドの確率を下げる3つの対策はこちら

  1. 本番中は痩せてキレイになった自分をイメージする
  2. 空腹がまぎれるように本番中のストレスを軽減する
  3. 回復期間を長めにとる

こうした対策により、「減量を達成した体重を維持する」ことが、ダイエット成功につながります。

作るのが面倒

レモネードダイエットの失敗原因4つめは、「作るのが面倒」なこと。

レモネードの材料の中には普段使わないものもあり、揃えるのに手間がかかります。

そのうえ、毎日作る必要があるので、面倒と感じる人もいます。

面倒と感じるあなたへ、レモネードダイエット用のレモネードは、市販品も販売されています。

代表的なものはこちら

株式会社IDEA『マスタークレンズダイエット』
販売公式サイト
作るのが面倒な場合は、市販品を使う方法がおすすめです。

レモネードダイエット5つの守るべき注意点

レモネードダイエット5つの守るべき注意点

レモネードダイエットは、短期間で大きく減量できる魅力があります。

しかし、数日間食事を抜くダイエット方法であるため、誰でもいつでもできるわけではありません。

当項目ではレモネードダイエットの守るべき注意点について解説します。

【レモネードダイエット5つの注意点】
1.塩水洗浄は絶対危険!
2.短期で体調をみながら行う
3.かならず回復食をとる
4.生理中は避ける
5.中学生以下は行わない
ひとつずつご説明します。

塩水洗浄は絶対危険!

レモネードダイエットでもっとも注意するべき点は、塩水洗浄は絶対やってはいけないということです。

塩水洗浄は、「ソルトウォーターバッシング」や「ソルトウォーターフラッシュ」とも呼ばれ、すべて同じです。

塩水洗浄とは

塩水洗浄とは以下の方法で行います。

  • 朝起きてすぐ、1Lの生理食塩水を20分で飲みきり
  • 便がでるのを待つ

1時間後には水のような便が出てきて、腸内洗浄になるというものです。

塩水洗浄が危険な理由

塩水洗浄、ふたつの「ココが危険」はこちら

  1. 大量の水を一気に飲むことが危険
    →胃の内圧が一気に上がり、嘔吐することもある
  2. 生理食塩水の塩分が危険
    →腎臓や心臓に負担がかかり、むくみの原因にもなる

参考:NATROMのブログ

生理食塩水の濃度は約1%。

1Lの生理食塩水には、10gの食塩が含まれます。

一方で、成人男性の塩分摂取目標値は一日あたり8.0g未満(厚生労働省による)。

塩水洗浄は、「一日の目標値を超える塩分が入った水を20分で一気飲みする」行為なのです。

場合によっては嘔吐のみならず、胃や食道から出血する危険性もあります。

塩水洗浄は危険なので行わないようにしてください。

短期で体調をみながら行う

レモネードダイエットの注意点ふたつめは、「短期で体調をみながら行う」こと。

なぜなら、一定期間食事をとらないので、エネルギー不足から体調不良になる恐れがあるためです。

ビヨンセや海外セレブ達が実践する14日間プログラムは、専属のトレーナーがついて行います。

そのため、自己管理している人が丸ごと真似ることはできません。

レモネードダイエットは

  • 準備期間をしっかり取って、短期で行う(3日間)
  • 体調に異変を感じたらすぐ中断する

という注意を守って実践することが大切です。

かならず回復食をとる

レモネードダイエットの注意点3つめは、「かならず回復食をとる」こと。

なぜなら、本番後にいきなり普通食を食べると、消化器官をこわすためです。

固形物の入ってこない消化器官は、「丸3日間」消化分解のための働きを休んでいます。

人に例えると、眠っているような状態です。

本番後いきなり普通食を食べるのは、人が目覚めてすぐ全力疾走するのと同じこと。

非常に危険であることがわかります。

運動にも準備体操が必要なように、消化器官にも回復食をとり通常通りに動かす準備が必要なのです。

レモネードダイエット本番のあとは回復食をとり、消化器官をいたわってあげることが大切です。

生理前・生理中は避ける

レモネードダイエットの注意点4つめは、「生理前・生理中は避ける」こと。

その3つの理由はこちら

  1. 生理前や生理中は体重が落ちにくいため
    →黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響
  2. 生理中に出血することで貧血が起きやすいため
    →鉄分が失われる「鉄欠乏性貧血」が起きやすい
  3. ホルモンバランスの乱れが影響しストレスに過敏になるため
    →PMSやPPMDなど

(PMS(月経前症候群)やPPMD(月経前不快気分障害)は女性ホルモンが関わって起きる不快症状です。)

普通に過ごしていても、不調を感じやすいこれらの時期は避ける必要があります。

レモネードダイエットの日程を決める際には、生理周期を確かめながら決めることが大切です。

中学生以下は行わない

レモネードダイエットの注意点5つめは、「中学生以下は行わない」こと。

なぜなら、中学生までは成長期であるためです。

成長期に食事を抜くダイエットをすると、健全な成長を阻害する恐れがあります。

短期での大きな体重変動も、成長期には望ましくありません。

また、準備期間や回復食などの用意も中学生以下には難しいと考えられます。

レモネードダイエットは成人のためのダイエット方法。

中学生以下は行わないようにしてください。

レモネードダイエットは体調と相談して行おう!

深堀院長のまとめ

レモネードダイエットはセレブも行なっている断食の一種で、短期のダイエット効果が高い方法です。

しかし、体に大きな負担がかかる上にリバウンドのリスクも大きいことを考慮する必要があります。

そこで食欲抑制効果があるのが「GLP-1ダイエット」。

レモネードダイエット後の食欲を抑制し、リバウンドを防ぐ効果が期待できます。

レモネードダイエットとGLP-1ダイエットの併用がおすすめです。

ビヨンセが激ヤセした方法とは?失敗しないレモネードダイエットを解説!
最新情報をチェックしよう!